こだわりの豚肉「讃玄豚」(さんげんとん)

「緑の牧場から食卓まで」サヌキ畜産フーズ プライベートブランド豚(銘柄豚)

こだわりの旨い三元豚をつくり上げるために
トンカツ専門工場の豚への思いを詰め込みました。

讃玄豚

日本で生産・肥育される肉豚ではオーソドックスな三元豚ですが、サヌキ畜産フーズと緑ヶ丘牧場はその肥育方法(飼料と環境)にこだわり、良質で旨いと思える豚肉をつくり上げるために社内プロジェクトを組み、品質に納得し、私たちの思いを込めた豚肉づくりを行っています。

生産・加工・販売を一貫して行っていく上では、やはり生産部門には1年間通して安定した豚肉供給を行ってもらうには苦労がありますので、各部門が一致協力して美味しい豚肉・豚肉加工製品をつくり上げ、全国のお客様の元へお届けする事を目標としています。

加工部門であるサヌキ畜産フーズ本社工場が、冷凍食品・冷凍トンカツ製造の専門工場である事から、日々大量のパン粉残渣が発生します。牧場には肥育環境の整備を行ってもらい、独自の配合飼料とパン粉をふんだんに給与する事で、甘みのある豊かな味わいの豚肉に仕上げる事ができました。

販売においては、精肉販売を「ミートピアサヌキ」が、トンカツなどに加工された製品は、関東に9店舗あるグループ企業の「坂井精肉店・とんかつの坂井」が担っています。また、生産頭数の増加が叶えば、サヌキ畜産フーズの販売ルートでの加工製品の卸販売にも着手して行く予定です。

ブランド名の由来と肉質について

讃玄豚 商標登録証

サヌキ畜産フーズ創業者が養豚農家ではありましたが、独自ブランドの肉豚をつくり上げるまでには至っていませんでした。世代交代が進む中、大量のトンカツ製造だけではなく、礎を築いてくれた先代への思いなども込めて、グループ牧場である「増田畜産」の豚で旨い豚肉をつくろうと集まった、生産・加工・販売のエキスパートたち。その中から生まれたキーワードが讃岐玄人集団がつくったでした。ならば、そのものずばりで「讃玄豚」と名付けようと言う事になり、プロジェクト参加者全員が納得のブランド名の誕生となりました。

ブランド名に恥じないよう取り組んだのが飼料です。豚に合わせた牧場指定の配合飼料に、肉豚に仕上げる大切な段階でパン粉をふんだんに与えることで脂身に甘さがあり、ベタつかずあっさりとしています。肉質は柔らかく、臭みをおさえた美味しい食感に仕上がっています。

肥育環境について

生産者 木村夫妻

増田畜産・緑ヶ丘牧場では、肉豚にとことんこだわりを持ち、豚が大好きな牧場長の木村夫妻が独自の肥育を行っています。
香川県西部の山の中に位置し、東には地元でも馴染み深い”こんぴらさん”を眺める、人にも豚にもやさしい良い環境で育っています。
おいしい空気・おいしい飼料・おいしい水が揃った豚舎では、ゲージ内で豚たちが思いっきり走りまわれるよう少数の頭数だけに区切って肥育をしています。ストレスの少ない環境で育った肉豚は、そのままお肉の質にあらわれています。

生産者と販売者が密に連絡を取り合える距離にあるので、肉豚の仕上がり状況や、枝肉を捌いた時の肉質などを細かく情報交換ができる関係こそが、更に美味しい豚肉をつくり上げるポイントだと自負しています。

BAQ25から讃玄豚へ

これまでミートピアサヌキでは、緑ヶ丘牧場と店舗でつくり上げた”讃岐 BAQ25”と名付けた黒豚の血統を持つプライベートブランド豚を販売していましたが、豚肉の生産・加工・販売を一貫して行うサヌキ畜産フーズの会社ブランドを育てて行くにあたり、ミートピアサヌキが先行して”讃玄豚”の販売を行います。

【こだわりの「讃玄豚」販売】

豚肉通販/三元豚 とんかつ・焼肉用 しゃぶしゃぶ・鍋物スライス 焼豚・角煮用ブロック肉

Calendar 営業日カレンダー
【WEB業務:AM8:00~PM6:00】

2017年4月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
2017年5月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

※赤字は休業日です